窓口請求できることもある

ペット保険への加入の際には、補償内容や保険料、年齢上限などを確認し、ご家族がよりよいと思うペット保険を選び加入する事になりますが、特に補償に関してはよく確認してください。

ペット保険の場合、人の医療保険とは違い治療費全額について補償があるという事はなく、通常割合があります。ペット保険の商品によって違いがあり、90%、70%、50%などがあります。またこれとは別に、補償内容にも違いがあり、入院、通院、手術など全てに対して補償がある場合と、入院、手術に補償があっても通院は補償しないという事もあります。

使えると思っていたのに補償範囲外だったとなれば全額実費となりますので、補償内容や割合、保険料などをよく確認し、納得した上で加入するようにしましょう。

また、ペット保険によっては病院の清算時適用できるという事もあり、その場合、実費負担分だけ支払えばいいので便利です。この場合、病院側がペット保険を利用できるかどうか確認しておく必要があります。例えば手術、入院、通院全ての補償があるという内容で、割合が70%、かかった医療費が総額5万円だった場合、ペット保険が利用できる病院なら、15000円を支払ってくればいいので負担がかなり減ります。

全てのペット保険が病院の窓口で利用できるという事はありませんので、確認する事が必要ですし、後からペット保険会社に請求する方法も理解しておくと安心です。