ペット保険はこういう保険

なぜペット保険の必要性が高まっているのか、それは食事情もよくなり、生活も改善されていることから、ペットが長生きしてくれるようになったからです。年齢を重ねていくと人も、何かしらの病気を発症するものですが、ペットも同じです。

ワンちゃんは年齢を重ねていくと癌や泌尿器系の病気、さらに循環器などの病気を抱えてしまう事が多くなります。足が短く体に負担がかかりやすい犬種などは脱臼したり、ちょっとした段差で腰を痛めたりという事も多くなります。年齢と共に病気、怪我共に多くなっていくのです。

ネコちゃんも同様で、特に腎臓系統、泌尿器系等の病気になる事が多く、時に急変し尿毒症などの症状で急死してしまう事も少なくありません。ワンちゃんもネコちゃんもお話しする事が出来ませんが、いつも一緒にいる飼い主さんは異変に気が付くことも多いでしょう。

病院へ向かい治療を受けて清算する時、「え?そんなにかかるの?」とびっくりされる飼い主さんも多いです。人が病院にかかる時には当たり前のように公的保険を利用しているので、3割しか負担しません。でもペットの場合、公的保険はありませんので実費で支払います。毎回万単位の費用が掛かるという事も少なくありません。

そこで誕生したのがペット保険です。加入しておくことでペットの病気や怪我の治療費負担を少なくすることができます。