医療費を後から請求する方法

ペット保険の利用が出来ない病院だった場合や、窓口請求できるペット保険、利用できる病院でも、動物健康保険証(窓口請求できる保険の場合、ペット保険会社から契約完了の際、保険証書と共に郵送されるはずです)を忘れてしまったという時には、後から保険請求を行う必要があります。

ペットが治療を受けて医療費が発生した際、領収書をもらいます。領収書と保険金請求書へ必要事項を記入してペット保険会社に送ります。ペット保険によっては動物病院の方で治療内容を記載してもらうことも必要な場合があります。必要書類を全て記入したらペット保険会社に送ります。通常、保険料が振り込まれる口座に対して記載する部分もありますので、間違いのないように記入しましょう。

領収書がないと保険料の支払いが行われませんので、必ず保管しておきましょう。また契約期間内に請求しないと保険の支払いがありません。契約が切れていないか、また引き落としの場合、引き落とし不能となって契約切れとなっていないかどうかしっかり確認してください。

ペットの医療費が高くなっているといわれていますので、ペット保険への加入を考えておく方が負担も少なくなり安心です。大切なペットが病気や怪我をした時、十分な治療をしてあげられるようにペット保険加入をお勧めします。

窓口請求できることもある

ペット保険への加入の際には、補償内容や保険料、年齢上限などを確認し、ご家族がよりよいと思うペット保険を選び加入する事になりますが、特に補償に関してはよく確認してください。

ペット保険の場合、人の医療保険とは違い治療費全額について補償があるという事はなく、通常割合があります。ペット保険の商品によって違いがあり、90%、70%、50%などがあります。またこれとは別に、補償内容にも違いがあり、入院、通院、手術など全てに対して補償がある場合と、入院、手術に補償があっても通院は補償しないという事もあります。

使えると思っていたのに補償範囲外だったとなれば全額実費となりますので、補償内容や割合、保険料などをよく確認し、納得した上で加入するようにしましょう。

また、ペット保険によっては病院の清算時適用できるという事もあり、その場合、実費負担分だけ支払えばいいので便利です。この場合、病院側がペット保険を利用できるかどうか確認しておく必要があります。例えば手術、入院、通院全ての補償があるという内容で、割合が70%、かかった医療費が総額5万円だった場合、ペット保険が利用できる病院なら、15000円を支払ってくればいいので負担がかなり減ります。

全てのペット保険が病院の窓口で利用できるという事はありませんので、確認する事が必要ですし、後からペット保険会社に請求する方法も理解しておくと安心です。

ペット保険はこういう保険

なぜペット保険の必要性が高まっているのか、それは食事情もよくなり、生活も改善されていることから、ペットが長生きしてくれるようになったからです。年齢を重ねていくと人も、何かしらの病気を発症するものですが、ペットも同じです。

ワンちゃんは年齢を重ねていくと癌や泌尿器系の病気、さらに循環器などの病気を抱えてしまう事が多くなります。足が短く体に負担がかかりやすい犬種などは脱臼したり、ちょっとした段差で腰を痛めたりという事も多くなります。年齢と共に病気、怪我共に多くなっていくのです。

ネコちゃんも同様で、特に腎臓系統、泌尿器系等の病気になる事が多く、時に急変し尿毒症などの症状で急死してしまう事も少なくありません。ワンちゃんもネコちゃんもお話しする事が出来ませんが、いつも一緒にいる飼い主さんは異変に気が付くことも多いでしょう。

病院へ向かい治療を受けて清算する時、「え?そんなにかかるの?」とびっくりされる飼い主さんも多いです。人が病院にかかる時には当たり前のように公的保険を利用しているので、3割しか負担しません。でもペットの場合、公的保険はありませんので実費で支払います。毎回万単位の費用が掛かるという事も少なくありません。

そこで誕生したのがペット保険です。加入しておくことでペットの病気や怪我の治療費負担を少なくすることができます。

家族の一員だからペット保険を考える

ともすると大きくなって親に見向きしなくなった子供より、いつも一緒にいてくれるペットの方が大切なんていう方がいる位、愛犬、愛猫に愛情を注がれている方が多いです。遅くに帰宅しても喜んで迎えてくれるペットは、本当に心の癒しになります。

最近は介護施設などでも動物が高齢者の心を癒す効果があるとして、業者さんに依頼し、定期的にワンちゃんやネコちゃんを施設に呼んでともに時間を過ごしたり、施設に時折遊びに来る野良ネコちゃんが施設に来るのを待ちわびている高齢者が多く、膝に抱いたり、おやつをあげたりして笑顔が格段に多くなったという話も聞きます。

家族と共に常に一緒にいてくれるペットは何にも代えがたい命であり、人と同じように病気やけがをしたら手厚く看病してあげたいと思うものです。もちろん、健康に毎日元気に過ごしてくれるのが一番ですが、人より早く寿命をまっとうするのが動物ですから、生きている限り、愛情を注ぎ、精一杯家族と共に楽しい時間を過ごしてほしいです。

そんなペットが病気になったり、怪我をした時に、ご家族の経済的負担を軽減してくれるのがペット保険です。現在は多くのペット保険があり、猫、犬などペットの万が一に備えることができます。数多くのペット保険があり、それぞれに特徴がありますが、ペット保険に加入し利用する場合、その申請方法などを知っておくと安心です。

当サイトは家族の一員のペットが万が一の際、役立つペット保険とは何か、またその医療費等の請求について説明します。皆様のお役にたてたら幸いです。